コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

t分布 ティーぶんぷt-distribution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

t分布
ティーぶんぷ
t-distribution

数理統計学の正規標本論における基本分布の一つ。正規分布N(θ,σ2)をもつ母集団(正規母集団)を仮定した場合,θの値が特定値θ0に等しいことの検定は,大きさ n の標本 x1x2,…,xn から,
の値の大小により行なわれる。 がθ0からσ/√n を単位として何倍ずれているかを示す量である。しかし,これはσが利用できる(σの値が既知のとき)場合で,そうでないときは,σを s(標本不偏分散から求めた標準偏差)で代用する。z は標準正規分布 N(0,1)に従うが,
は新しい分布に従う。ウィリアム・S.ゴセットは,これについて,次の分布を求めればよいことを発見した。XN(0,1),Y を自由度 nχ2分布に従う独立な確率変数とするとき, の従う分布を自由度 nt分布 tn)と定義する。これによれば,上の t は自由度(n-1)の t分布 tn-1)に従うことがわかり,この数表さえあれば検定ができる。一般に t分布を用いる検定を t検定という。(→統計的検定

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

t分布

 母集団の分散が未知の場合に,標本平均から母平均を推定するために用いられる分布で,tは,

 の分布をする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

t分布の関連キーワードシステム工学推測統計学確率分布区間推定標本分布自由度大標本

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android