コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《エクリプス》 えくりぷす

世界大百科事典内の《エクリプス》の言及

【ノベンバー・ステップス】より

…邦楽器とオーケストラという東西の楽器によるこの作品は,初演のときに大きな話題を集め,以後世界各地のオーケストラによってしばしば演奏されるようになった。おのおの別々の歴史を歩んできた尺八と琵琶という二つの楽器は,1966年の《エクリプス》とこの作品において初めて出会い,さらにこの邦楽器の二重奏は,ドビュッシーメシアンの影響のもとに作曲されたオーケストラと,融合したり衝突したりしながら,独特な音楽の時間と空間を生み出す。作曲者は,最初《水の輪》というタイトルをつけていた。…

※「《エクリプス》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《エクリプス》の関連キーワードイングヴェイ マルムスティーンマイクロジェットビジネス機クリステン・スチュワートデービッド ブライアン大井川鉄道の経営再建ジュリアン ルパルーウルトラマンコスモスケント デザーモVLJビジネス機ベンディックスコオリガモ鶴田 錦史近年の動向セブリングオシドリ逆輸入車レーザー鶴田錦史福士史麻渡邉真二

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android