《襖落那須語》(読み)すおうおとしなすものがたり

世界大百科事典内の《襖落那須語》の言及

【素袍落(素襖落)】より

…狂言では主人,太郎冠者,伯父の3人であるが,舞踊では伯父の代りに姫御寮を出して色気をそえ,ほかにも登場人物を増やし,それぞれに振りをつけて舞台を派手にしている。とくに本来は能《八島》の替アイである〈那須之語〉をここに挿入し,酔態とともに太郎冠者の見せ場としているので,初演の外題は《襖落那須語(すおうおとしなすものがたり)》といった。団十郎好みの品のよい明るい舞踊で,演者の芸と味が要求される。…

※「《襖落那須語》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android