コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

「欧州共通の家」構想 おうしゅうきょうつうのいえこうそうEuropean Common House

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

「欧州共通の家」構想
おうしゅうきょうつうのいえこうそう
European Common House

1987年,ソ連書記長ゴルバチョフがヨーロッパの新政治秩序,平和安全システムとして打出した西欧向け外交スローガン。 75年7月のヨーロッパ安全保障協力会議におけるヘルシンキ宣言が,この構想の土台となっており,すべてのヨーロッパの国が政治的・経済的・軍事的な歴史的分断状態を克服し,一つの共同体として「共通の家」をつくるべきだとする考え方である。この背景には,第2次世界大戦後の冷戦構造を変革すべきだとの認識がある。さらに 92年に予定されていたヨーロッパ共同体 EC統合をふまえ,ソ連の中心課題である経済再建を図るねらいもあった。実際には,89年の東欧革命から 91年のソ連邦解体へと,ゴルバチョフの予想をはるかに上回るスピードと規模で現実が進展することとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

「欧州共通の家」構想の関連キーワード「一つの欧州」構想

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android