あえしらう

大辞林 第三版の解説

あえしらう

( 動四 )
相手の出方に応じて応対する。応答する。 「言ずくなにいひて、をさをさ-・はず/源氏 若紫
適当に取り扱う。 「いとかうしもあるは、我をたのまぬなめり、なども-・ひ/蜻蛉
取り合わせる。付け合わせる。 「切大根きりおおね、物の汁して、-・ひて、まづいだしたり/蜻蛉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

あえ‐しら・う〔あへしらふ〕

[動ハ四]
あいしらう1」に同じ。
「煩はしとて、ことに―・はず」〈紫式部日記
あいしらう2」に同じ。
「言少(ことずく)なに言ひて、をさをさ―・はず」〈若紫
あいしらう3」に同じ。
「切り大根(おほね)物の汁して―・ひて」〈かげろふ・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android