コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あづま物語 あづまものがたり

世界大百科事典 第2版の解説

あづまものがたり【あづま物語】

仮名草子。作者不詳。徳永種久作の説がある。1642年(寛永19)京都で刊行。1冊。〈あづまおのこ〉が江戸に来て,友人と上野,浅草などの名所を見物し,吉原に行く。遊郭の内を見て遊女の評判を記す。寛永の元吉原の遊女評判記として唯一の書で,風俗資料として貴重。江戸名所見物と遊女評判,文中の狂歌に見るべきものがある。【宗政 五十緒】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のあづま物語の言及

【細見】より

…略地図,家並図,妓楼(ぎろう)名,遊女名,遊女の階級合印(あいじるし),揚代(あげだい),芸者名,年中紋日(もんび)などを記す。遊郭の手引書としては遊女評判記の出版が先行しているが,1642年(寛永19)刊の《あづま物語》は案内書的性格が強いので細見の起りとされる。その後,遊女評判記から遊女の品評文を除き,家並図に妓名を入れた地理的案内書として独立したものが細見として定着した。…

※「あづま物語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

あづま物語の関連キーワード取られん坊仮名草子幇間細見新造

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android