コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うしかい座(牛飼座) うしかいざBootes

翻訳|Bootes

1件 の用語解説(うしかい座(牛飼座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うしかいざ【うしかい座(牛飼座) Bootes】

略号Boo。北天の星座。学名は〈牛追い〉の意味のギリシア語boōtēsによるが,星空では2匹の猟犬を従えて大熊,小熊を追う形になる。α星のアークトゥルスは金色の輝星で,この名は〈熊の番人〉という意味のギリシア語に由来する。星座全体はこの星から立ち上る細長いのしの形であるが,東空をのぼるときは横に倒れた姿勢に,西空に沈むときは縦の姿勢になるのでホメロスが《オデュッセイア》の中で〈沈むにおそきボオテス〉と歌ったのは有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

うしかい座(牛飼座)の関連キーワード高木ブー南美布石川由依川野剛稔おみむらまゆこ穐吉次代時津真人長谷川愛斗吉田英美旭屋光太郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone