うしかい座(読み)うしかいざ(英語表記)Bootes

翻訳|Bootes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

うしかい座
うしかいざ
Bootes

牛飼座。6月下旬の宵に南中する北天星座。概略位置は,赤経 14時35分,赤緯 30°。二重星(→重星),ケフェウス型変光星などがあり,さらに約 21億光年のかなたの約 150個の銀河からなる銀河団を含む。α星アルクトゥールスは全天最輝星の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

うしかい座
うしかいざ / 牛飼座

春の宵、北斗七星の南東に接し、ほとんど頭上に見える星座。形は1等星アークトゥルスから北へ大きな菱(ひし)形をしている。オレンジ色のアークトゥルスは、日本では初夏の麦刈りのころ、日暮れに頭上に輝くため「麦星」の名がある。北斗七星の柄(え)のカーブを南に延長してくるとアークトゥルスを経て、おとめ座の1等星スピカへ至る巨大な曲線が春の宵の頭上にでき、これを「春の大曲線」とよんでいる。アークトゥルスは「熊(くま)の番人」の意で、おおぐま座について回るように見えるところからきた名前らしい。毎秒125キロメートルの猛スピードで空間を動いている高速度星としても知られている。[藤井 旭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うしかい座の関連情報