アークトゥルス

  • Arcturus

世界大百科事典 第2版の解説

うしかい座のα星。アークトゥルスとは,ギリシア語のアルクトゥロスに由来し,〈熊の番人〉の意味である。中国名は大角。これは,さそり座を青竜と見て,その2本の角の一つとしたものである。日本では,麦を刈り入れる6月ごろ,この星がの空の頭上にくることから麦星の名がある。赤い色をしており,直径は太陽の24倍の赤色巨星である。この星は,太陽系に対して,秒速125kmもの高速で動いている高速度星である。質量は太陽程度で表面温度は約4300K。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

うしかい座α(アルファ)星の固有名。アルクトゥルスともいう。ギリシア語で「熊の番人arktouros」の意。北天で、北斗七星(おおぐま座)のすぐ後をついていくように日周運動しているため、その名があるという。中国では大角といい、日本ではいくつかの地方で麦星(むぎぼし)とよばれていた。後者は、麦刈りのころ、日没後に頭上近くで輝くことに由来する。
 平均の実視等級はマイナス0.04等であるが、0.1等幅で変光している。オレンジ色の明るい星で、スペクトル型K2の巨星。天球上の位置は、2000年分点の座標で赤経14時16分、赤緯プラス19度11分である。地球からの距離は37光年。表面温度は4300K、半径は24倍。この半径は恒星干渉計で直接測定された。質量は太陽と比べて同程度かやや小さいとみられている。
 アークトゥルスは高速度星で、太陽系に対する相対的な空間運動は秒速125キロメートルにも及ぶ。このうち視線方向の速度成分は秒速5キロメートルにすぎず、大部分はその垂直成分である天球上の動きとして反映され、角度で年間2.29秒という大きい固有運動を示している。アークトゥルスと太陽との距離は現在縮まりつつあるが、数千年後からは遠ざかるようになり、およそ50万年後には肉眼で見えないほど離れてしまう。
 太陽と近傍の多くの星々はだいたいそろって、銀河中心の周りをほぼ銀河面に沿って円運動している。しかし、少数ではあるが、銀河面に対して大きく傾斜した細長い楕円(だえん)軌道を描く星々もある。このような列を乱して運動する星々が、太陽から見ると、高速度星として観測されるのである。高速度星は一般に古い星で、種族に属している。アークトゥルスの大気の化学組成も、種族の太陽などと比べて金属元素の量が少なく、種族であることを示している。[岡崎 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(Arcturus) 牛飼座のアルファ星。地球からの距離は三六光年。直径は太陽の二四倍。光度マイナス〇・一。春から夏、南天の夜空に橙色に輝く。ギリシア神話でアルカスが変じた星。麦星。中国名、大角(だいかく)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android