えぶりこ(読み)エブリコ

大辞林 第三版の解説

えぶりこ

担子菌類ヒダナシタケ目のきのこ。主にカラマツの古木の幹や枝につく。釣り鐘状で、枯れ木色。干した物を煎せんじ、健胃・下痢止め剤とし、また、灸きゆうをすえる火口ほくちともする。トウボシ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android