コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おたふく風邪 おたふくかぜ

百科事典マイペディアの解説

おたふく風邪【おたふくかぜ】

流行性耳下腺炎の俗称。ムンプスウイルスによる急性伝染性疾患。好発年齢は4〜14歳で,乳幼児には少ない。ほとんどは飛沫(ひまつ)感染で,症状は高熱と痛みを伴う耳下腺のはれ。
→関連項目学校伝染病睾丸炎聾唖

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のおたふく風邪の言及

【流行性耳下腺炎】より

…ムンプスウイルスによる感染症。ムンプスmumpsともいい,また耳下腺がはれて特有の顔つきとなることから,俗に〈おたふく風邪〉ともいう。このウイルスはパラミクソウイルス属に属し,径85~300nm,ヒトからヒトへの飛沫感染によって伝染する。…

※「おたふく風邪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

おたふく風邪の関連キーワード流行性耳下腺炎飛沫感染

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おたふく風邪の関連情報