コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵巣炎 らんそうえん

2件 の用語解説(卵巣炎の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

らんそうえん【卵巣炎】

卵巣に起こる炎症。単独で起こることはまれで、卵管炎を併発することが多い。ブドウ球菌・クラミジアなどの感染が原因。下腹部痛、発熱、帯下の増量などの症状が現れる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

卵巣炎【らんそうえん】

淋(りん)菌ブドウ球菌連鎖球菌などの化膿菌,大腸菌クラミジア結核菌などの感染による卵巣の炎症。多くは卵管炎に付随して起こる。症状は発熱,下腹痛のほか,卵巣機能の異常など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

卵巣炎の関連情報