コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛沫感染 ヒマツカンセン

4件 の用語解説(飛沫感染の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひまつ‐かんせん【飛×沫感染】

せきやくしゃみなどによって飛び散る飛沫に含まれる病原体が、口や鼻などの粘膜に直接触れて感染すること。通常は1~2メートル以内の至近距離で感染する。飛沫伝染。→飛沫核感染

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

飛沫感染【ひまつかんせん】

病原微生物が空気中に飛散・浮遊し,それが皮膚,咽頭(いんとう)・呼吸器粘膜などから侵入して発病のもとになることを空気伝染,または空気感染という。飛沫感染はその一様式で,呼吸器系伝染病において患者が咳(せき),くしゃみ,喀痰(かくたん),会話などをするとき,病原菌が細かい水滴とともに周囲に飛び散り,これを吸入した人に呼吸器系の感染が起こる。
→関連項目エボラ出血熱おたふく風邪Q熱猩紅熱ペストペスト菌ポリオウイルスラッサ熱流行性脳脊髄膜炎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ひまつかんせん【飛沫感染】

患者の咳・くしゃみ・会話などによって空気中に飛び散った病原体を吸入することにより感染すること。感冒・インフルエンザ・結核・麻疹・猩紅熱しようこうねつなどがこの様式で伝播する。泡沫感染。飛沫伝染。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛沫感染
ひまつかんせん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の飛沫感染の言及

【感染】より

…感染経路は,感染源から直接に伝染する直接感染と,排出された病原微生物が媒介物を介して間接に伝染する間接感染とに大別される。直接感染には,接触により直接に伝染する接触感染と,病原体を含んだ気道分泌物や唾液が飛沫となって,患者の咳やくしゃみによって飛び散り,これを他の生体が吸い込んで伝染する飛沫感染があるが,飛び散った飛沫が空気で運ばれたのちに,他の生体に伝染する場合は空気感染と呼ぶ。間接感染には,飲食物,水,衣類・器物,塵埃(じんあい)などを介して感染する場合があるほか,カ,ハエ,シラミなどの媒介動物によって感染するものもある。…

※「飛沫感染」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飛沫感染の関連キーワード空気シャワー氷霧空中細菌生物的防除毒血症微生物学空中粉塵病原微生物コッホの条件

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飛沫感染の関連情報