コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳下腺 じかせん parotid gland

6件 の用語解説(耳下腺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耳下腺
じかせん
parotid gland

耳介の前下部に位置する唾液腺。左右1対あり,顎下腺とともに大唾液腺として唾液分泌に大きな役割を果している。導管は上顎第2大臼歯のそばに開口しており,口腔内が不潔になると,導管を逆行して感染を起すことがしばしばある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じか‐せん【耳下腺】

耳の前下部にある、唾液腺(だえきせん)のうちで最大のもの。導管が口腔(こうこう)に開いている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

耳下腺【じかせん】

唾液(だえき)腺のなかで最大のもので,哺乳(ほにゅう)類のみに見られる。下顎骨の後部に接して外耳道の前下方にあり,太い導管がその前上部から出て頬(きょう)筋の表面を横切り,頬粘膜の内面,上顎第二大臼歯(きゅうし)に対するところにある高まり(頬唾液乳頭)の上に開口する。
→関連項目舌咽神経

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

耳下腺

 唾液腺の一つで,耳の前下方にある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じかせん【耳下腺】

外耳道の前下方にある唾液腺中最も大きい腺。導管が口腔に開口する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

耳下腺
じかせん

口腔(こうくう)に唾液(だえき)を分泌する唾液腺には小唾液腺(小口腔腺)と大唾液腺(大口腔腺)とがあり、耳下腺は3対ある大唾液腺のうちの1対である。耳下腺は最大の唾液腺で、外耳の前下方にあり、下顎骨(かがくこつ)の下顎枝と咬筋(こうきん)の上にのった状態で位置している。ほぼ扁平(へんぺい)な三角形状で、底辺に相当する部分は上方で頬骨弓(きょうこつきゅう)の下側にわたっており、頂点にあたる部分は下顎角と乳様突起との間に達し、この深部にまで広がっている。重さ約20~30グラム、厚さは約2センチメートルである。耳下腺からは太さ3~4ミリメートル、長さ5~6センチメートルの導管、すなわち耳下腺管が前方に出て咬筋の表面を走り、頬筋を貫いて口腔前庭内面の上第二大臼歯(だいきゅうし)の向かい側に開口する。この開口部はわずかに隆起して耳下腺乳頭となっており、口を大きくあけると認められる。耳下腺の分泌細胞はすべて漿液(しょうえき)細胞で構成され、分泌唾液は漿液性で薄く、さらさらとしている。耳下腺はじょうぶな耳下腺筋膜に包まれているが、耳下腺内部には外頸(がいけい)動脈、顔面静脈、顔面神経の枝が多数貫通する。耳下腺はとくに炎症、腫瘍(しゅよう)の好発器官で、流行性耳下腺炎(いわゆる、おたふくかぜ)をおこしやすい。耳下腺を支配している神経は、分泌機能に関係する副交感神経と血管運動に関係する交感神経である。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の耳下腺の言及

【唾液】より

…俗に〈つば(唾)〉〈つばき〉ともいい,口外に流れ出た唾液を〈よだれ(涎)〉という。大部分は耳下腺,顎下腺,舌下腺から,一部は口腔内の多数の小唾液腺から分泌される無色・無味・無臭の液体。唾液の分泌速度は,食事などによりかなり変動するが,正常成人では約1~1.5l/日である。…

【唾液腺】より

…唾腺とも呼ばれる。ヒトでは,組織の大きさから大唾液腺と小唾液腺とに分けられ,大唾液腺には耳下腺,顎下腺,舌下腺が含まれる。小唾液腺は口腔全体にわたって分布しており,粘膜や筋組織内に米粒あるいはアズキ粒ぐらいの大きさの腺組織の集合体として存在し,それぞれ独立した管によって口腔内に開いている。…

※「耳下腺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

耳下腺の関連キーワード顎下腺舌下腺唾液腺津液唾液腺染色体唾液腺ホルモン唾液検査 (saliva test)唾液検体 (saliva sample)唾液腺腫瘍 (tumor of salivary gland)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

耳下腺の関連情報