聾唖(読み)ろうあ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聾唖
ろうあ

高度の難聴で,日常生活に重大な支障をきたすようなもの (通常会話域の平均聴力損失が 90dB以上) を「聾」といい,それが原因で話す能力を失った場合を「」という。先天的な聾による先天性聾唖と,4~5歳頃までに聾となり,それまでに習得した言語を忘れてしまう後天性聾唖とがある。後天性聾唖の原因には髄膜炎,各種感染症,外傷,薬物中毒などがあげられる。完全な治療方法はないが,社会適応をはかるために言語教育に重点をおいた聾教育が必要となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

聾唖【ろうあ】

聾唖は今日あまり用いられない言葉ではあるが,いわゆる高度難聴を聾といい,生まれつき,または生後3歳以内に高度の難聴になったために,言語学習ができなくて発語のできない状態を聾唖という。前者の主要な原因は遺伝と先天性風疹症候群,先天性梅毒などで,後者は流行性脳脊髄膜炎おたふく風邪,内炎,ストレプトマイシンその他の薬物中毒などによる。先天性聾唖の一部を除けば,聴覚障害以外に身体的欠陥はない。一般に発語機能は正常なので聾学校などで専門教育を受ければ発語は可能となる。→難聴

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ろう‐あ【聾唖】

〘名〙 耳が聞こえず、ことばが話せないこと。
※物理学と感覚(1917)〈寺田寅彦〉「もし世界中の人間が残らず盲目で聾唖であったら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聾唖の関連情報