おどり字(読み)おどりじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おどり字
おどりじ

同じ文字を繰り返して書く必要のある場合、二度目に書く文字(1字または2字以上)のかわりに用いる符号。繰り返し符号、反復符号ともいう。古くは畳字(じょうじ)、重点(かさねてん)などともよんだ。
 現在では、(1)々(同の字点。漢字1字の繰り返し)、(2)(二の字点。(1)に同じ)、(3)ゝ ゞ(一つ点。仮名1字の繰り返し)、(4) (くの字点。仮名2字以上の繰り返し)、(5)〃(ノノ点。表や帳簿での文字・数字・語句の繰り返し)が用いられるが、実際には(1)と(5)が大部分で、その他はあまり使われなくなっている。おどり字は、中国で古くからやゝが用いられており、わが国でもこれに倣い、やがて「仮名」にもその使用が及んだのである。もと、漢字2字以上の反復には二つの形式があって、「幸甚幸甚」を「幸」または「幸甚」と書いた。これが「平仮名」と「片仮名」に及んでがゝとなり、さらに両形式における二つのゝが線で結ばれてできたのが、現在使われている  である。[月本雅幸]
『中田祝夫著『古点本の国語学的研究 総論篇』(1954・講談社) ▽小林芳規著「表記法の変遷」(『現代作文講座6 文字と表記』所収・1977・明治書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android