幸甚(読み)こうじん

精選版 日本国語大辞典「幸甚」の解説

こう‐じん カウ‥【幸甚】

〘名〙 (形動タリ) ひじょうにありがたいこと。なによりのしあわせ。多く手紙文に用いられる。
※続日本紀‐和銅二年(709)四月壬午「幸言」 〔史記‐晉世家〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「幸甚」の解説

こう‐じん〔カウ‐〕【幸甚】

[名・形動](多く手紙文で用いて)この上もない幸せ。大変ありがたいこと。また、そのさま。「幸甚の至り」「幸甚に存じます」
[類語]有り難いかたじけないうれしいもったいないおそれ多い恐縮謝る謝するわびわび言平謝り陳謝謝罪多謝わびる恐懼恐れ入る痛み入る心苦しい身に余る過分かしこまる畏れる謹むしゃちほこばる固くなる縮こまる小さくなるまじめ腐る身の縮む思い畏怖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「幸甚」の解説

【幸甚】こう(かう)じん

幸いである。また、手紙の結語。漢・李陵に答ふる書〕子足下、めてを宣(の)べ、名を時に策し、榮問休暢す。幸甚幸甚。

字通「幸」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android