コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おひつじ座(牡羊座) おひつじざ Aries

翻訳|Aries

1件 の用語解説(おひつじ座(牡羊座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おひつじざ【おひつじ座(牡羊座) Aries】

略号Ari。黄道十二宮の一つ。ギリシア神話では,父王に憎まれた兄妹フリクソスとヘレを乗せて黒海東岸のコルキスまで飛ぶ金毛の牡羊で,途中妹のヘレを落としたところがヘレスポントス海(現,マルマラ海)であるという。ギリシア時代には春分点はこの星座にあり,〈牡羊の原点〉と呼ばれていたが,現在では歳差運動によって春分点は東隣のうお座に移っている。α星はハマル呼ばれる2.2等,スペクトル型K2の赤色巨星で,80光年の距離にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

おひつじ座(牡羊座)の関連キーワード黄道十二宮占星術金牛宮黄道帯十二宮人馬宮双魚宮双子宮黄道十二星座黄道十二宮と十二星座

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone