おひゃる

大辞林 第三版の解説

おひゃる

( 動四 )
ひやかす。からかう。 「おいらが顔の棚おろしか、いいかげんに-・るものだ/人情本・娘節用」
おだて上げる。おべっかを言う。 「 - ・る手合を四五人引連れて/滑稽本・浮世風呂 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐ひゃ・る

〘他ラ四〙 内心ではからかいの気持をもちながら、表面ではほめたてるようにして、人の気をそそる。おひゃらかす。おへらかす。
(イ) からかって人をのせる。おだてる。
※人情本・仮名文章娘節用(1831‐34)前「何をいふかと思ったら、おいらが顔の棚おろしか。いい加減におひゃるものだ」
(ロ) おべっかをつかって、おだて上げる。追従(ついしょう)を言う。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)八「百両の富に当たりしにつけこみ、なんでも割前をせしめんとて、無性におひゃり散らかし」
(ハ) その気になるようにそそのかす。おだててけしかける。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉七三「全く一角が殺しは殺したんだが、実は私がおひゃって遣らしたのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android