コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おふう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

おふう

?-1573 織豊時代,奥平信昌(のぶまさ)の正室。
夫は三河(愛知県)長篠城主奥平貞能(さだよし)の子。武田勝頼(かつより)への人質として,義弟仙丸とともに甲斐(かい)(山梨県)におくられる。天正(てんしょう)元年奥平家が徳川方に属したため処刑された。三河出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

おふうの関連キーワード奥平信昌大束横風正室

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android