およすく(読み)オヨスク

  • およす・く

デジタル大辞泉の解説

[動カ下二]《「す」「く」の清濁はともに未詳。連用形の例だけがみられる》
成長する。成人する。
「若君のいと美しう―・け給ふままに」〈浮舟
大人ぶる。ませる。
「まだきに―・けて、ざれありき給ふ」〈・少女〉
じみである。老けた感じである。
「昼は、事そぎ、―・けたる姿にてもありなん」〈徒然・一九一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自カ下二〙 (連用形「およすけ」だけが使われる。「おゆ(老)」と関係ある語といわれる。「すく」の清濁不明) 精神的・肉体的に、年齢以上におとなびているさまを表わす。
① 子供が成長する。大人になる。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「一宮のわか君の、今はおよすけて、琴ひかまほしうし給ふに」
※源氏(1001‐14頃)桐壺「いとど、この世の物ならず、清らにおよすけ給へれば」
② 年の割りにおとなびる。ませる。老成する。巧者である。
※落窪(10C後)二「童なる子のいふやう『すべてうへのあしくし給へるぞ』とおよすけいへば」
※俳諧・葛の松原(1692)「『山吹』といふ五文字をかふむらしめむかと、をよづけ侍るに」
③ 年寄りじみている。地味である。
※徒然草(1331頃)一九一「昼は、ことそぎ、およすけたる姿にてもありなん」
[補注]語源について「老就(付)く」から転じたとする説があるが、「およづく」は古写本の仮名づかいからみて誤りである。また、老人の意の「およすけ」が動詞化したものとする説もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android