おろし器(読み)おろしき

日本大百科全書(ニッポニカ)「おろし器」の解説

おろし器
おろしき

ダイコンワサビショウガヤマノイモや、リンゴなどをすりおろすための調理器具。ほかにチーズおろし器といったような用途別のものもある。フードプロセッサーをかえることでおろし器にもなるし、ミキサーなどもおろし器の一種に入る。日本ではダイコンの食用が古く、このダイコンとともにおろし器が使用されたようであるが、二またになった木に割り竹の細いものを束ねて取り付けたもの(鬼おろし)に食品をこすりつけたのが最初であろう。鎌倉・室町時代になると陶器の皿の中央に節目をつけたおろし器が出てきた。時代が進むと金属製のおろし器(おろし金)がつくられるようになり、江戸時代中期の『和漢三才図会』には、今日みるような銅製のおろし器が描かれている。今日では材質も豊富になり、陶製、銅製のほか、アルミニウムアルマイト、ステンレス、プラスチック、セラミック製などがある。

 なお、おろしはおろし器の目の形によって口あたりに大きな差がでる。よいおろし器でおろすと、水分をよく含んで口あたりがまろやかになるが、あまり鋭いものは材料の組織をそぎ取ることになるため、口あたりがざらっぽくなる。つまり刃の形は細胞をはがし取るようなものがよく、銅板をたがねで打ち出した刃のものがもっともよい。

河野友美大滝 


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android