コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お七吉三物 おしちきちさもの

1件 の用語解説(お七吉三物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おしちきちさもの【お七吉三物】

人形浄瑠璃,歌舞伎狂言の一系統。〈八百屋お七物〉ともいう。1683年(天和3)春に放火の罪で火刑に処せられた江戸本郷の八百屋の娘お七を題材にした作品の総称。寺小姓吉三郎への可憐な恋のために無分別へと走る町娘の純情さに焦点の合わされたものとなっている。西鶴の小説《好色五人女》や歌祭文を通して一般に流布していたこの事件が初めて劇化されたのは,1706年(宝永3)1月大坂嵐三右衛門座の歌舞伎狂言《お七歌祭文》である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

お七吉三物の関連キーワード隅田川物間の狂言操り狂言書替狂言歌舞伎狂言義太夫狂言狂言浄瑠璃佐倉義民伝浄瑠璃狂言本行物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone