コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三人吉三廓初買 さんにんきちさくるわのはつがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三人吉三廓初買
さんにんきちさくるわのはつがい

歌舞伎狂言。7幕。河竹黙阿弥作。安政7 (1860) 年,江戸市村座で初演義兄弟の約束を結んだ和尚吉三お坊吉三お嬢吉三という3人の盗賊,これにまつわる百両の金の因縁話,安森家のお家騒動などをからませて脚色した。リズムの美しいせりふで,幕末退廃期の世相が描かれている。黙阿弥の代表的作品でもあり,世話物の名作の一つでもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんにんきちさくるわのはつがい〔サンニンキチサくるわのはつがひ〕【三人吉三廓初買】

歌舞伎狂言世話物。7幕。河竹黙阿弥作。万延元年(1860)江戸市村座初演。和尚吉三お坊吉三お嬢吉三が、百両の金と短刀とをめぐる因果応報で刺し違えて死ぬまでを描く。別名題「三人吉三巴白浪(ともえのしらなみ)」。通称「三人吉三」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんにんきちさくるわのはつがい【三人吉三廓初買】

歌舞伎狂言。世話物。7幕13場。別名題《三人吉三巴白浪(ともえのしらなみ)》,通称《三人吉三》。河竹黙阿弥作。1860年(万延1)1月江戸市村座で,和尚吉三を4世市川小団次,お嬢吉三を3世岩井粂三郎(のちの8世岩井半四郎),お坊吉三を初世河原崎権十郎(のちの9世市川団十郎),土左衛門伝吉を3世関三十郎らが初演。この年は庚申(かのえさる)の年だったので,庚申の宵に懐妊した子は盗癖があるという俗説にちなんで,〈八百屋お七〉の趣向により〈吉三〉と名のる3人の盗賊を活躍させた白浪物

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三人吉三廓初買
さんにんきちさくるわのはつがい

歌舞伎(かぶき)脚本。世話物。7幕。河竹黙阿弥(もくあみ)作。1860年(安政7)1月江戸・市村座で、4世市川小団次の和尚(おしょう)吉三、8世岩井半四郎(当時粂三郎(くめさぶろう))のお嬢吉三、9世市川団十郎(当時河原崎権十郎(かわらさきごんじゅうろう))のお坊吉三らにより初演。ともに吉三と名のる3人の盗賊を「八百屋(やおや)お七」の世界にはめて描いたもの。ほかに梅暮里公峨(うめぼりこくが)の洒落本(しゃれぼん)『傾城買二筋道(けいせいかいふたすじみち)』を取り入れ、木屋(きや)の旦那(だんな)文里(ぶんり)と吉原の遊女丁字屋一重(ちょうじやひとえ)の情話を絡ませているが、大正以後はこれを省き、『三人吉三巴白浪(ともえのしらなみ)』の名題(なだい)で上演されることが多くなった。
 女装の盗賊お嬢吉三は節分の夜の大川端で、夜鷹(よたか)おとせが木屋の手代十三郎に届けようとする100両を奪い、侍あがりのお坊吉三に見とがめられて金を争うが、吉祥院(きっしょういん)の所化(しょけ)あがりの和尚吉三の仲裁で、3人の吉三は義兄弟になり、100両は和尚が預かる。100両を紛失した十三郎は身投げして、和尚の父土左衛門(どざえもん)伝吉に救われる。おとせは伝吉の娘、十三郎も伝吉が昔捨てた実子で、兄妹と知らず契っていたので、伝吉は因果におののく。和尚はかの100両を持って伝吉のもとへ不孝のわびに行くが、その金のため伝吉はお坊に殺される。お嬢とお坊の詮議(せんぎ)が厳しくなり、和尚は因果を含めておとせと十三郎を手にかけ、2人の身替りにたてる。しかし、町々の木戸が閉ざされ、逃げ場を失った三人吉三は、本郷の火の見櫓(やぐら)の下で刺し違えて死ぬ。作者の白浪物の代表作。100両の金をめぐる登場人物の因果関係は複雑で、和尚・伝吉と畜生道のおとせ・十三郎の話、お嬢・お坊の衆道関係などに、幕末の退廃した気分がにじむ。お嬢吉三には、扮装(ふんそう)をはじめ、欄間(らんま)の天人像に隠れる「吉祥院」や、太鼓を打つ「火の見櫓」などに「八百屋お七」の趣向が強い。もっとも有名なのは、単独でも上演される序幕「大川端」で、お嬢の「月もおぼろに白魚の……」の独白は「厄払(やくばら)い」とよばれる美文調の長台詞(ながぜりふ)の典型である。[松井俊諭]
『今尾哲也校注『新潮日本古典集成 三人吉三廓初買』(1984・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三人吉三廓初買の関連キーワード月も朧に白魚の篝もかすむ春の空尾上 菊五郎(6代目)市川 団十郎(9代目)桐山里昇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android