コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉様参由縁音信 きちさままいるゆかりのおとずれ

1件 の用語解説(吉様参由縁音信の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きちさままいるゆかりのおとずれ【吉様参由縁音信】

歌舞伎狂言。世話物。5幕。別名題《小堀政談天人娘(こぼりせいだんてんにんむすめ)》。通称《湯灌場吉三(ゆかんばきちさ)》《小堀政談》《天人香》。河竹黙阿弥作。1869年(明治2)7月東京中村座初演。配役は湯灌場吉三・腰元お杉・土左衛門伝吉を5世尾上菊五郎,愛妾おみつ実は湯島のおかん・天人お七を6世坂東三津五郎,弁秀・八百屋久四郎を中村仲太郎等。乾坤坊良斎(けんこんぼうりようさい)の講釈《小堀騒動》八百屋お七をからめた脚色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉様参由縁音信の関連キーワード生世話物三人吉三廓初買江戸狂言お静礼三書替狂言歌舞伎狂言生世話小名題世話狂言いろは新助

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone