コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

其往昔恋江戸染 そのむかしこいのえどぞめ

1件 の用語解説(其往昔恋江戸染の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そのむかしこいのえどぞめ【其往昔恋江戸染】

歌舞伎狂言。世話物。4幕。通称《八百屋お七》《天人お七》。福森久助作。1809年(文化6)3月江戸森田座で,お七を5世岩井半四郎,吉三郎を尾上栄三郎(のちの3世菊五郎),紅屋長兵衛を沢村四郎五郎土左衛門伝吉を3世坂東三津五郎らが初演。鈍通与三兵衛(3世津打治兵衛)ほか作《八百屋お七恋江戸染》(1766年7月江戸中村座初演)ののち,これを初世桜田治助らが改訂した同じ大名題の作が1778年(安永7)5月中村座で上演され,それをさらに改訂した作品で,お七吉三物の集成作ともいえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の其往昔恋江戸染の言及

【お七吉三物】より

…そのおり,とくに初世嵐喜世三郎のお七が大当りで,以後彼の定紋がお七の紋に用いられるようになったという。その後,人形浄瑠璃では《八百屋お七》《潤色江戸紫》《伊達娘恋緋鹿子(だてむすめこいのひがのこ)》等が作られ,歌舞伎では《其往昔恋江戸染(そのむかしこいのえどぞめ)》で現行のお七劇の定型が確立した。なお,書替作には《三人吉三廓初買(さんにんきちさくるわのはつがい)》や《吉様参由縁音信(きちさままいるゆかりのおとずれ)》がある。…

【八百屋お七】より

…浄瑠璃《八百屋お七恋緋桜(こいのひざくら)》(1717),《伊達娘恋緋鹿子(だてむすめこいのひがのこ)》(1773)などがあり,歌舞伎では多く曾我の世界に結びつけて脚色され,八百屋お七物の一系統を形成した。《其往昔(そのむかし)恋江戸染》(1809年3月,森田座,福森久助作)で,5世岩井半四郎がお七を演じ,浅葱麻の葉鹿の子の着付を用い,お七の形象が定着した。そのほか河竹黙阿弥にも諸作があり,恋に死ぬ女性として共感を得た。…

※「其往昔恋江戸染」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone