お房徳兵衛(読み)オフサトクベエ

デジタル大辞泉の解説

おふさ‐とくべえ〔‐トクベヱ〕【お房徳兵衛】

宝永元年(1704)に起こった、大坂万年町の紺屋徳兵衛と六軒町重井筒(かさねいづつ)屋の遊女お房の心中事件を題材とした浄瑠璃歌舞伎などの通称。浄瑠璃「心中重井筒」が有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おふさとくべえ【お房徳兵衛】

人形浄瑠璃「心中重井筒かさねいづつ」の主人公の二人の名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

お房徳兵衛
おふさ とくべえ

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
明治33.11(東京・東京座)

お房徳兵衛
(通称)
おふさ とくべえ

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
稲穂是当蝶 など
初演
宝暦10.3(江戸・中村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android