コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お目出たき人 オメデタキヒト

デジタル大辞泉の解説

おめでたきひと【お目出たき人】

武者小路実篤の小説。明治44年(1911)発表。理想実現のため一人の少女と結婚を願うが、結局は失恋する。その過程を真摯に、善意をもって描いた初期の代表作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おめでたきひと【お目出たき人】

武者小路実篤中編小説。1911年(明治44)洛陽堂刊。作者の失恋に取材した自伝的作品である。あしかけ7年の恋,4年にわたる熱心な求婚であったが,武者小路の一人ずもうに終始した。小説では相手の女性が富裕な工学士と結婚する終末になっているが,実際はまだ求婚中であった。小説が事実に先行し,作者の願いに反して事実が小説の終末を追う形になった。清純な慕情とはげしい性本能の交錯する青年期特有の苦悶を,露悪やてらいを知らないナイーブな感性と文体でつつみ,《白樺》派世界の本質を明示した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

お目出たき人の関連キーワード武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)武者小路 実篤ストラッグル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android