コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お菊 おきく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お菊 おきく

皿屋敷譚の主人公
主人秘蔵の皿をわったため,惨殺され井戸になげこまれる。のちに怨霊(おんりょう)となって皿をかぞえる。物語は,元和(げんな)-元禄(げんろく)(1615-1704)のころに江戸,播磨(はりま)(兵庫県)をはじめ全国各地につたえられた。歌舞伎では「播州評判錦皿九枚館」,浄瑠璃(じょうるり)では「播州皿屋舗」が知られる。のちいろいろに脚色され,河竹黙阿弥(もくあみ)「新皿屋敷月雨暈(つきのあまがさ)」や岡本綺堂(きどう)「番町皿屋敷」が有名。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

お菊

江戸時代に流布した皿屋敷の怪談に登場する亡霊。主の皿を割った咎(とが)で殺され、井戸に投げこまれた女中の霊で、悲しげに皿の数を数えるとされる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

お菊の関連情報