コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お菊 おきく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お菊 おきく

皿屋敷譚の主人公。
主人秘蔵の皿をわったため,惨殺され井戸になげこまれる。のちに怨霊(おんりょう)となって皿をかぞえる。物語は,元和(げんな)-元禄(げんろく)(1615-1704)のころに江戸,播磨(はりま)(兵庫県)をはじめ全国各地につたえられた。歌舞伎では「播州評判錦皿九枚館」,浄瑠璃(じょうるり)では「播州皿屋舗」が知られる。のちいろいろに脚色され,河竹黙阿弥(もくあみ)「新皿屋敷月雨暈(つきのあまがさ)」や岡本綺堂(きどう)「番町皿屋敷」が有名。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

お菊の関連キーワード神奈川県平塚市紅谷町市川 松蔦(2代目)花柳 寿美(1代目)花柳 寿美(初代)エキゾチシズム嵐璃珏(2代)ジャコウアゲハ蔦紅葉宇都谷峠ピエール ロチ彦山権現誓助剣鑓の権三重帷子阿菊虫・螠虫野上 豊一郎山本 菊子落語の演題毛谷村六助播州皿屋敷小早川 清メサジェお菊さん

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

お菊の関連情報