コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李華 りかLi Hua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李華
りか
Li Hua

[生]開元3(715)?
[没]大暦1(766)
中国,盛唐の文学者。趙州賛皇 (河北省) の人。字,遐叔。開元 23 (735) 年進士に及第。監察御史に進んだが,楊国忠に逆らって左遷された。安禄山の乱後,杭州司戸参軍に落され,まもなく辞職,晩年は山陽 (江蘇省) で農耕に従事したという。当時盛んであった駢文 (べんぶん) を浮華であると批判し,親友の蕭穎士とともに漢,魏の散文に学んだ質朴な文体を試み,さらに独孤及ら後輩の指導にも努め,のちの韓愈,柳宗元らの古文運動の先駆となった。代表作は『弔古戦場文』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

李華の関連キーワード監察御史中国映画文学者江蘇省河北省楊国忠スモモ安禄山孫逖盛唐及第

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android