コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疥/乾瘡 ハタケ

デジタル大辞泉の解説

はたけ【×疥/乾瘡】

主に小児の顔に、硬貨大の円形の白い粉をふいたような発疹(ほっしん)ができる皮膚病。数個以上できることが多い。顔面単純性粃糠疹(ひこうしん)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はたけ【疥】

皮膚の病変。額や頰にできる円く、白い粉をふいたように見えるもの。学童期の子供に多い。皮脂の分泌低下などによるもので、伝染しない。顔面単純性粃糠疹ひこうしん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

疥/乾瘡の関連キーワードキャンベル(William C. Campbell)マラー(Jeanフェルナンデス・デ・リサルディキュウセンヒゼンダニ紅皮症のおもな原因エバーメクチン疥癬(ひぜん)イベルメクチンチアントール酢漿草・片喰ヒゼンダニ陰金田虫スト破り筋湯温泉性感染症ナツメグひぜんヘブラニガキ学童期

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android