かけかけし

精選版 日本国語大辞典「かけかけし」の解説

かけかけ‐

〘形シク〙
① いつも心にかけている。心が何かに執着している。執心がましい。
源氏(1001‐14頃)椎本「心苦しうて、とまり給へる御ことどもの、ほだしなど聞えむはかけかけしきやうなれど」
② (特に恋愛関係に用いる) 相手に思いをかけている。懸想(けそう)めいた気持を持っている。好色がましい。
氏(1001‐14頃)澪標「かけかけしき筋にはあらねど、なほさる方の物をも聞え合はせ人に思ひ聞えつるを」
かけかけし‐げ
〘形動〙
かけかけし‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「かけかけし」の解説

かけかけ・し

[形シク]
いつも心にかけている。
「ほだしなど聞えむは―・しきやうなれど」〈・椎本〉
特に男女関係に関心のあるさま。好色めいている。
「見苦しう、―・しき有様にて」〈藤袴

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android