かなぐり捨(読み)かなぐりすてる

精選版 日本国語大辞典の解説

かなぐり‐す・てる【かなぐり捨】

〘他タ下一〙 かなぐりす・つ 〘他タ下二〙
① 身につけていた物を乱暴に投げすてる。荒々しく脱ぎ捨てる。
※太平記(14C後)八「六騎の兵皆揆をかなぐり捨(ステ)て」
※団団珍聞‐一号(1877)「綿入れ半天をかなぐりすて」
② (比喩的に) きれいさっぱりと振り捨てる。思い切って捨てる。
※古活字本荘子抄(1620頃)七「智恵をかなぐりすてて不知にしていれば人が我を愚人と云」
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「先師は異国の借物をかなぐり捨てて本然の日本に帰れと教へる人ではあっても」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android