コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かに座(蟹座) かにざ Cancer

翻訳|Cancer

1件 の用語解説(かに座(蟹座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かにざ【かに座(蟹座) Cancer】

略号Cnc。黄道十二宮の一つ。ふたご座としし座の間にはさまれた小星座。ギリシア神話ではヘラクレスに殺された化けガニという。今から2000年ほど昔には夏至点がここにあった。この星座の中央にあるプレセペ星団は,1609年G.ガリレイが自作の望遠鏡で微光星の集りであることを発見したので有名である。α星は4.3等,β星も3.8等と全体に暗い。ι星は重星で,4.2等と6.6等の星が双眼鏡でも分離できる。散開星団M67がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

かに座(蟹座)の関連キーワード黄道十二宮金牛宮黄道帯十二宮人馬宮双魚宮双子宮黄道十二星座黄道十二宮と十二星座黄道十ニ宮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone