コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重星 じゅうせい double star

翻訳|double star

6件 の用語解説(重星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重星
じゅうせい
double star

きわめて近接して見える2個あるいはそれ以上の恒星。星の数により二重星,三重星,四重星などという。そのうち,無関係な2星が偶然同じ方角に見えるものを光学的二重星といい,実際に2星が近くにあって互いに引力を及ぼし合うものを連星という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐せい〔ヂユウ‐〕【重星】

肉眼では1個に見えるが、望遠鏡では2個以上に見える恒星。2個の恒星からなる二重星が多い。相互に遠く離れていても方向が一致しているために接近して見えるものと、距離が近くて引力を及ぼし合っている連星とがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

重星【じゅうせい】

二つ以上の恒星が互いに接近して見える場合をいう。2個の恒星からなるときを二重星と呼び,以下3個,4個と増えると,三重星,四重星と呼ぶ。一般的には多重星の名も使う。
→関連項目二重星

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうせい【重星 multiple star】

天球上で二つ以上の恒星が互いに接近して見える場合をいう。二つの恒星の場合を二重星,3個,4個と数が増えると,三重星,四重星といい,一般的には多重星という。北斗七星の柄の先から2番目の星は2等星の明るさのおおぐま座ζ星(ミザル)であるが,目をこらして見ると光度5等の星(アルコア)が密接(角度で12分)してついている。この二つはよく知られた二重星で,昔から人の視力の分解能のよしあしのチェックに使われてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅうせい【重星】

一般に、肉眼では一つに見えるが望遠鏡で見ると二個以上の恒星から成る星群。 → 二重星多重星

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重星
じゅうせい

天球上で二つ以上の恒星が接近して見えているものをいう。星が二つの場合は二重星、以下、三重星、四重星……などとよぶ。多重星ともいう。重星には、たまたま地球から見て同じ方向にあって接近して見えているが、実際には空間的に離れていて互いになんの関係もない見かけの重星(オプティカル・ダブルoptical double)と、空間的にも近距離にあり相互に引力を及ぼし合っている本当の重星(連星)とがある。従来、重星とは肉眼または望遠鏡を通して見たとき、2個以上の星が接近して見えるものをいっていたが、1980年代以降は望遠鏡で分離できなくても干渉計などの使用により二つ以上の星に分離できるものも含める。
 連星には、二つの星が望遠鏡で分離して見えている実視連星、2星が互いの周りを公転しそのドップラー効果によるスペクトル線のずれから連星とわかる分光連星、2星の公転で互いに他方を隠して光度が変化する食連星などがある。実視連星は、2星の公転により長い間には間隔や位置角が変化していく。片方の星が暗くて見えない場合(不可視伴星)でも、他方の星の動きから連星であることが判明するものもある。有名な連星として、シリウス、カペラ、アルゴルなどがある。[山崎篤磨]
『中野繁著『星座の観望 重星・星雲・星団めぐり』(1971・恒星社厚生閣) ▽中野繁編『双眼鏡観望星図ガイドブック』(1988・星の手帖社) ▽天文ガイド編・冨田弘一郎監修『天体ガイドマップ』(1998・誠文堂新光社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重星の関連キーワード一般に通称通例通論通り相場秘話フリントガラス下盤粘土電位係数諸経費

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

重星の関連情報