コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレセペ星団 プレセペせいだんPraesepe star cluster

百科事典マイペディアの解説

プレセペ星団【プレセペせいだん】

かに座の中央に肉眼でも見える散開星団。NGC2632。距離515光年。約100個の微光星が密集。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プレセペせいだん【プレセペ星団 Praesepe star cluster】

NGC2632。かに座のかにの甲羅にあたる部分にある散開星団。100個あまりの星が集まって,全体で3等級くらいに輝いている。距離は515光年と比較的近い。年齢は1億年以上で,青白い高温の星はすでに進化してなくなっていて,オレンジ色がかった星が多い。このような星団から,星団に含まれていた星々は徐々に離れていって,数十億年たつうちに個々のばらばらの星になってしまうのである。なお,praesepeはラテン語で〈まぐさ桶〉の意で,英語ではbeehive(ハチの巣)と呼ばれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

プレセペせいだん【プレセペ星団】

ラテン Praesepe(かいば桶)〕
かに座にある散開星団。距離515光年で肉眼では霧の塊状に見える。約一〇〇個の星からなり、銀河面に並行に運動している。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

プレセペ星団の関連キーワードかに座(蟹座)かに(蟹)座塊状

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android