コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かんから太鼓 カンカラダイコ

デジタル大辞泉の解説

かんから‐だいこ【かんから太鼓】

歌舞伎の下座などで用いられた楽器で、まくら型の小形の太鼓。台の上にのせて竹桴(たけばち)で打つ。盛り場・見世物小屋の場面などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんからだいこ【かんから太鼓】

甲高い音を出す枕形の小さな太鼓。台に載せて竹の撥ばちで打つ。歌舞伎の下座や見世物小屋で用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

かんから太鼓の関連キーワード膜鳴楽器かんから歌舞伎

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android