コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄席囃子 よせばやし

大辞林 第三版の解説

よせばやし【寄席囃子】

寄席で、演者の登場する時や演じている間に効果を高めるために演奏する音楽。笛・太鼓・三味線・鉦かねなどを使う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よせばやし【寄席囃子】

寄席で用いられる囃子のこと。出囃子地囃子がある。出囃子は落語家や漫才師などが登場するときに用いられるもので,個人の好みによって特定の曲があり,またその芸格によって曲が変わることもある。長唄,浄瑠璃,小唄,俗曲,民謡など,用いられる曲は多岐にわたる。初めは上方で行われていたが,大正時代に東京に移入された。地囃子は奇術師や曲芸師の演芸中に奏するもので,上方落語では,はなしの背景に囃子や歌を伴奏として入れ,情景描写や心理描写に用いるが,これを〈はめもの〉ともいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の寄席囃子の言及

【囃子】より

…囃子という呼称は,現今は狭義の意味で用いられることが多い。下座音楽【景山 正隆】
[寄席]
 寄席囃子は,(1)興行の習俗にかかわる囃子,(2)出囃子,(3)受け囃子,(4)はめ物,(5)色物の囃子,の5種に分けることができる。(1)は寄席の日々の行事として奏されるもので,開場時の〈一番太鼓〉,演者がすでに楽屋入りをしたことを知らせる〈二番太鼓〉(着到),終演時の〈打出し〉など,ほぼ歌舞伎の劇場の習俗に準じる。…

※「寄席囃子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寄席囃子の関連キーワード林家 染丸(2代目)日本芸術文化振興会林家染丸(4代)桑原 ふみ子春風亭 栄橋林家 トミスガガキ橘 つや下座音楽三味線橘つや演者寄席

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寄席囃子の関連情報