がら札(読み)がらふだ

精選版 日本国語大辞典の解説

がら‐ふだ【がら札】

〘名〙 (籤(くじ)を入れた筒をがらがらと振って出して、札に合わせるところから) 賭博用の札の一つ。花、独楽(こま)、杯、団子、衣類などの絵を描いた札一四〇枚と、その札の絵の名称を記入した籤一四〇本を入れた筒とを用意し、人数は普通七、八人から一〇人までとし、各人が交替に筒を振って籤を出し、絵に合わせて札を伏せ、早く札を伏せ終わったものを勝ちとする賭博に使用するもの。また、その賭博。
※大英游記(1908)〈杉村楚人冠〉本記「ガラ札(フダ)を命とする半博徒を相手として、幾百の競馬場を作ったとて、何になるものかい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android