コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けれ ケレ

デジタル大辞泉の解説

けれ[接助]

[接助]係助詞「こそ」を受けた助動詞「う」「まい」に付き、逆接の意を表す。
「あれは心中者ぢゃと言はるる女郎をこそ、一生添うてござって面白うもござらう―、これはわが身へ難題を仰せかけらるると思ふ故に」〈浮・禁短気・一〉
[補説]近世上方語。「こそ多けれ」「こそよけれ」などのように、「こそ」を受けるク活用形容詞已然形活用語尾は「けれ」であるが、係助詞「こそ2の用法をこの「けれ」がもつという理解が生じて、用いられるようになったと言われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けれ

( 接助 )
〔四国松山地方で用いる〕 理由・原因を表す。ゆえに。から。 「いなごは温ぬくい所が好きぢや-、大方一人で御這入りたのぢやあろ/坊っちゃん 漱石
〔近世上方語〕 「こそ」を含む句の結びの言葉をうけ、逆接の関係で後文に続ける。が。けれども。 「器量こそちがはう-、わしがかみはちぢみがみ、…奥様にもまけませねど/浄瑠璃・傾城二河白道」 〔は、「数こそ多けれ、すぐれたるは少し」の「多けれ」のような用法の文語形容詞語尾「けれ」から出たものといわれる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

けれの関連キーワード穂に穂が咲く大君女・王女坊っちゃん人状・人様うろうろ眼ないければ限りある道聞く聞く噦り上ぐ序で無し生ひ凝る然らずは先を駆く思ひ萎る口を顰む三十の輻馴れ者にちる舳屋形訛り声

けれの関連情報