コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ことばの発達 ことばのはったつ

家庭医学館の解説

ことばのはったつ【ことばの発達】

 幼児はふつう、1歳に近づくと、「ウンマ」とか「マンマ」を言うようになります。
 最初は意味のない喃語(なんご)ですが、親がこれに心を動かされて食べ物を与えていると、ものがほしいときに「ウンマ(要求語)」を使うようになります。
 やがて「ウンマ」または「マンマ」は食物と結びついて食物一般を意味するようになり、このころになると「ワンワ(動物一般)」「ブーブ(乗物一般)」なども現われ、ついで感情を表わす「イヤ」とか「イタイ」「アツイ」なども発するようになります。
 一方、ことばの理解は話しことばに先立って発達し、生後8か月ごろには、いたずらしていて「ダメッ」としかられると手を引っ込めたり、泣き出したりするようになります。
 さらに11か月ごろになると、「○○ちょうだい」と言うと、そのものを手渡しするようになり、1歳半近くなると、簡単なことばによるいいつけができ、目、耳、口など身体部分をたずねると指さすようになります。
 幼児は、このようなコミュニケーションの体験を積んで、ことばの意味を学んでいきますが、2歳に近づくと、思考力も発達して、ものに名前のあることに気づくようになります。これは本格的な言語発達の出発点です。
 幼児は、この時期に達すると、しきりに「コレナニ?」という質問を発し、自分から言語を獲得していきます。
 こうなると、ことばは、数はもちろん、構造的にも二語文、三語文、さらには多語文が急速に発達します。
 言語によってものを考える力もつき、2歳中ごろには「ダレ?」「ドコ?」、さらに3歳に近づくと「イツ?」、3歳になると「ナゼ?」「ドウヤッテ?」などの質問を発するようになります。
 コミュニケーションがスムーズに行なわれるには、親子の情緒の安定が必要ですし、言語発達には豊かな生活体験が不可欠です。
 また、それとともに、親が話し上手になることもたいせつです。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

ことばの発達の関連キーワードアスペルガー症候群難聴の早期発見法子どもの言語障害機能的構音障害ヒスチジン血症聴覚障害教育外耳道閉鎖症言語発達遅延発達心理学構音障害幼児難聴知的障害乳児期DSM吃音

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ことばの発達の関連情報