コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さいな サイナ

デジタル大辞泉の解説

さい‐な

[感]
相手の言葉を受けて、肯定する意を表す語。おっしゃるとおりです。そうですね。さいなあ。
「―、こりゃまあどうして遅いことぢゃ」〈浄・忠臣蔵
相手の問いかけに対して答えるときに用いる語。それはですね。さいなあ。
「『そりゃまた何のお恨みで』『―、…無官の大夫敦盛(あつもり)を、そちが夫、熊谷(くまがえ)が討ったわいの』」〈浄・嫩軍記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいな

( 感 )
相手の言うことを受けて肯定・同意を表す語。そうですよ。ほんとうに。まったく。いかにも。 「『ようなう影も形も見えぬ』『-、こりやまあどうして遅いことぢや』/浄瑠璃・忠臣蔵」
相手の言葉を受けて、自分の考えを述べる前置きにいう語。それはですね。そうですね。 「『や、言へとは何を』『-、お前の心のな、それ縺れ髪』/浄瑠璃・関取千両幟」 〔「さいの」 「さいなあ」などとも〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

さいなの関連キーワード重箱の隅は杓子で払え大行は細瑾を顧みず蟻の一穴天下の破れ大行は細謹を顧みずペンローズの定理言葉尻を捕らえる取るに足りない難癖を付ける尾鰭を付ける朝比奈如有子とっこに取るザルイギンせっちょうさいなあ工作買い喧嘩早い苛立てる如才無い十六羅漢済南事件

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さいなの関連情報