コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さいな サイナ

デジタル大辞泉の解説

さい‐な

[感]
相手の言葉を受けて、肯定する意を表す語。おっしゃるとおりです。そうですね。さいなあ。
「―、こりゃまあどうして遅いことぢゃ」〈浄・忠臣蔵
相手の問いかけに対して答えるときに用いる語。それはですね。さいなあ。
「『そりゃまた何のお恨みで』『―、…無官の大夫敦盛(あつもり)を、そちが夫、熊谷(くまがえ)が討ったわいの』」〈浄・嫩軍記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さいな

( 感 )
相手の言うことを受けて肯定・同意を表す語。そうですよ。ほんとうに。まったく。いかにも。 「『ようなう影も形も見えぬ』『-、こりやまあどうして遅いことぢや』/浄瑠璃・忠臣蔵」
相手の言葉を受けて、自分の考えを述べる前置きにいう語。それはですね。そうですね。 「『や、言へとは何を』『-、お前の心のな、それ縺れ髪』/浄瑠璃・関取千両幟」 〔「さいの」 「さいなあ」などとも〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

さいなの関連情報