コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さつま白波

2件 の用語解説(さつま白波の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

さつま白波

鹿児島県、薩摩酒造が製造・販売する焼酎のブランド名鹿児島県産のサツマイモ黄金千貫」と米麹を原料とした本格芋焼酎。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

さつましらなみ【さつま白波】

鹿児島の芋焼酎。酒名は、地元の湧水「神の河」が岩に砕ける白波とともに絶え間なく大海に注ぎ込む光景を表したもの。白麹を使用し常圧蒸留で造る。ほかに黒麹を使用した「黒白波」、明治期の製法を再現した「明治の正中」もある。原料はコガネセンガン、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「薩摩酒造」は昭和11年(1936)「薩摩合同酒精」として設立。同24年(1949)現社名に変更。所在地は枕崎市立神本町。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

さつま白波の関連情報