コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さよひめのさうし さよひめのそうし

1件 の用語解説(さよひめのさうしの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さよひめのそうし【さよひめのさうし】

御伽(おとぎ)草子。さよひめは大和国壺坂の松浦(まつら)長者が長谷観音に祈ってもうけた申し子で,長者の死後,陸奥国安達の郡の“こんか”の大夫に身を売り,亡き父の供養をつとめて陸奥へ下り,いけにえとして大蛇に捧げられる。法華経提婆品の功徳で過去の罪障を晴らした大蛇は姫を頭に載せて大和国に送り届ける。姫は盲目となっていた母と再会し,如意宝珠の力で母の眼もいえ,再び長者として栄える。大蛇の本地は壺坂の観音,さよひめは竹生島弁才天と現ずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

さよひめのさうしの関連キーワード御伽衆御伽草子御伽婢子御伽犬御伽小姓御伽芝居御伽の国御伽坊主御伽話『御伽草子』

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone