コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しかな しかな

大辞林 第三版の解説

しかな

( 連語 )
〔終助詞「しか」に感動の終助詞「な」の付いたもの。「しがな」とも〕
自己の動作に関して望み願う気持ちを表す。「てしかな」「にしかな」の形で用いられることが多い。…したいものだ。…したいなあ。 「みみなしの山のくちなし得て-/古今 雑体」 「いかで鳥の声も聞こえざらむ山にこもりに-/宇津保 俊蔭

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

しかなの関連キーワードオハヨウゴザイマース<ギョーカイ用語>茨城県常陸太田市上宮河内町単一工程総合原価計算船に艪舵の無いよう茨城県常陸太田市心は二つ身は一つグリフィス効果常陸太田(市)古川主馬之介生霊・生魑魅骨皮筋右衛門此れっぽっち尻切れ半纏足白の太刀腰切り半纏蛙の子は蛙薬にする程マイホーム八重の潮路小水の魚

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しかなの関連情報