コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しし座 ししざ Leo

翻訳|Leo

2件 の用語解説(しし座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

しし座
ししざ
Leo

獅子座。概略位置は赤経 10時30分,赤緯 15°。4月の宵に南中する北天の星座。春空を象徴する雄大な星座で,α星レグルスは全天最輝星の一つ。β星デネボラもそれに次ぐ輝星,γ星は二重星(→重星)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

しし座
ししざ / 獅子座

春の宵に頭上高く昇る形の整った星座。頭部を形づくる疑問符号「?」を裏返しにしたような部分はとくによく目をひき、西洋の草刈り鎌(がま)に似るところから「ししの大鎌」とよばれ親しまれている。ギリシア神話では、ネメアの森に住む不死身のライオンで、勇士ヘラクレスの冒険談の第1番目の仕事として退治されてしまったとされている。黄道十二星座の第5星座(獅子宮)で、ししの大鎌を形づくっている1等星レグルスはちょうど黄道上に位置するため、古くから王の星とよばれ、星占いにとって重要な星とされていた。レグルス(小王の意味)の名は、地動説で知られるコペルニクスが命名したものとされる。望遠鏡では、ししの大鎌の中ほどに位置するγ(ガンマ)星が美しい連星として知られているが、この近くにはかつて何度も大流星雨を降らせたことのあるしし座流星群の放射点もあり、2001年(平成13)11月19日に日本でも大出現が見られた。[藤井 旭]
『瀬川昌男著『星座博物館「春」』(1988・ぎょうせい) ▽藤井旭著『春の星座』(1989・金の星社) ▽林完次写真・文『星をさがす本』(2002・角川書店) ▽藤井旭著『星座大全――春の星座』(2003・作品社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しし座の関連キーワードコップ座コンパス座小獅子座がか座(画架座)けんびきょう座(顕微鏡座)こじし座(小獅子座)とびうお座(飛魚座)はちぶんぎ座(八分儀座)や座(矢座)ろ座(炉座)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

しし座の関連情報