しっとと

精選版 日本国語大辞典の解説

しっと‐と

〘副〙
① すき間のないさま、しっかり固着したさまを表わす語。ぴったり。ぴしっ。
※玉塵抄(1563)一八「あをう草のしげった径(みち)に楊花のこまかな白い花がまじってしっととさいたぞ」
※虎明本狂言・鱸庖丁(室町末‐近世初)「いたひきよせてすっはときって、しっととうちつけ」
② むつまじいさま、情のこまやかなさまを表わす語。しっぽり。しんみり。
※史記抄(1477)一一「両方互に知り合て、心得てしっととなるぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しっと‐と

[副]《「しとと」の音変化》
物を押さえつけたり、たたきつけたりするさま。ぴしっと。
「すっぱと切っては、―打ち付け」〈虎明狂・鱸庖丁
物と物とが密着しているさま。ぴったりと。しっかりと。
「要もと―してと云ふも此の要」〈虎寛狂・末広がり
男女間の情のこまやかなさま。しっぽりと。
「―逢ふ瀬の波枕」〈浄・油地獄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android