しっとと(読み)シットト

デジタル大辞泉の解説

しっと‐と

[副]《「しとと」の音変化》
物を押さえつけたり、たたきつけたりするさま。ぴしっと。
「すっぱと切っては、―打ち付け」〈虎明狂・鱸庖丁
物と物とが密着しているさま。ぴったりと。しっかりと。
「要もと―してと云ふも此の要」〈虎寛狂・末広がり
男女間の情のこまやかなさま。しっぽりと。
「―逢ふ瀬の波枕」〈浄・油地獄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android