じじ

精選版 日本国語大辞典の解説

じじ

〘名〙 鼻汁をいう幼児語。
※浄瑠璃・平仮名盛衰記(1739)三「コリャここへこい、ぢぢかんでやろ。ヱヱきたない洟(はなたれ)では有ぞ」

じじ

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 鼠や虫などの鳴き声を表わす語。
御伽草子・猫の草紙(江戸初)「じじといへば聞耳たつる猫殿の眼(まなこ)のうちの光恐ろし」
② 物が焼けるかすかな音を表わす語。
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉中「桃色の蓋(かさ)かけしランプは(ジジ)と燃えつつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

じじの関連情報