すべり摩擦(読み)すべりまさつ

百科事典マイペディアの解説

すべり摩擦【すべりまさつ】

物体が他の物体の表面をころがることなくすべっていくとき,その界面に働く運動を阻止しようとする抵抗力。動摩擦の一つで,その大きさは接触面の面積の大小に無関係で,接触面に垂直な力だけに比例し,すべりの速度にも関係しない。→摩擦係数摩擦の法則
→関連項目ころころがり摩擦潤滑摩擦

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のすべり摩擦の言及

【摩擦】より

…この力を摩擦力というが,摩擦力を摩擦と略称することもある。運動がすべりの場合をすべり摩擦,ころがりの場合をころがり摩擦と呼び,単に摩擦といえばふつうは前者を指す。摩擦によって,力学的エネルギーが熱エネルギーに変換されるため,同様の変換が固体内部で行われる現象を内部摩擦というが,本項で述べる摩擦とは別の現象である。…

※「すべり摩擦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android