コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩擦の法則 まさつのほうそくlaw of friction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摩擦の法則
まさつのほうそく
law of friction

ギョーム・アモントン,シャルル=オーギュスタン・ド・クーロンらによって確立された摩擦力に関する近似的な経験法則。クーロンの法則,アモントンの法則,またはアモントン=クーロンの法則とも呼ばれる。摩擦係数は垂直抗力,見かけの接触面積,相対速度の大きさに無関係に一定の値をもつという法則と,静止摩擦係数は運動摩擦係数より大きいという法則から成り立つ。見かけの接触面積とは,たとえば箱の底が平面に接触する場合,箱の底面の面積をいう。しかし接触面には細かい凹凸があって一様に接触しているわけではないので,ほんとうにぴったり接触している部分の真の接触面積と区別している。摩擦の主因が凝着である場合には,接触面のやわらかいほうの材料の真の接触面積における剪断強さ s と硬さ(貫入強さ)p の比が摩擦係数 μに等しい(μ=s/p)として,摩擦の法則が理解できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まさつ‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【摩擦の法則】

二つの物体の接触面の方向にはたらく摩擦力に関する経験法則。1699年頃、イタリアのG=アモントンが発見、1781年にフランスのC=A=クーロンにより確かめられた。摩擦力は接触面に加わる垂直の荷重に比例し、接地面積や相対速度の大小によらず一定であるとした。アモントンの法則。クーロンの摩擦の法則

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

摩擦の法則【まさつのほうそく】

1699年にアモントンが発見し,1781年にクーロンが確認した法則。アモントンの法則,クーロンの法則とも。摩擦について,物体が接触面を垂直に押す力が非常に大きいか非常に小さい場合を除いて,ほぼ成立する実験的法則。
→関連項目クーロンの法則ころがり摩擦すべり摩擦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

法則の辞典の解説

摩擦の法則【laws of friction】

摩擦力の大きさは接触面に垂直な力(垂直応力)に比例し,接触面積の大小には依存しない.また動摩擦の場合には相対運動の速度によらない.クーロンの摩擦法則*アモントンの法則*などの別名がある.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

摩擦の法則の関連キーワード滑り摩擦衝突

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android